介護福祉サービスにおける利用支援システム

介護福祉サービスの利用者の中には判断能力や自己決定能力が低位な人々が存在しており、これらの人々は適切なサービスを利用することが困難となっています。

更にはサービスを選択する以前にアクセスすることができず利用に至らないというケースも少なくはありません。そのためサービス利用者の利用・契約における自己選択と自己決定が円滑に行えるよう支援する必要性があり、このような介護福祉サービスの利用に関わる問題に対応するものとして介護のソフトなどの利用支援システムがあります。

利用支援システムとは社会福祉の援助を実施・提供しようとする施策システムと利用者および家族を結びつけて利用者による社会福祉の利用が適切に行われるように支援するシステムを指します。具体的には地域包括支援センターや社会福祉協議会、在宅介護支援センターや民生委員などの機関によって構成されています。これらの機関が介護福祉サービスの申請のため必要とされる情報提供や選択・申請にあたっての助言、利用中の見守りやアフターケア、申請代行や権利擁護などを行っています。現在このように介護福祉サービスにおける利用支援システムは整備されていますが、サービス利用者の中には単身あるいは家族を含めて当事者能力が極めて低い場合やサービスそのものを拒絶して利用に至らない人もいます。そのためこれらの機関は積極的に市民の福祉ニーズを掘り起こしてサービスの利用を促進するようなアウトリーチ活動が求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です