介護施設を経営するためには

介護施設の経営は高齢化社会が加速する中で年々需要を集めています。

しかしその反面で国が医療費削減を提唱しており介護にかかる金銭が削減されつつあります。そのため経営が難しくなり需要はあるも収益を上げることが困難な施設も多く存在しています。実際に介護の経営する上で重要な点としては利用者の自立度とマンパワーがあげられます。施設は利用者にとって生活の起点であり住居となります。そのためそこで生活する上で常に人がいる環境となり必要に応じて手伝ってもくれます。しかしその居力の量が多いと自然と職員も負担も増えます。また施設では大人数が入所や利用できるようになっており数十人単位で生活している為マンパワーも必要となります。

しかし需要があることに対し職員の介護負担は非常に大きいという現実もあります。日常的に何十人もの生活支援をしている為自然と心身への負担もかかってきます。それに対し医療費削減のため年々給与は下降傾向にあります。そのことから人材が不足してしまい経営が難しく入所者の人数制限を設けないといけないという事態にもつながりかねません。そのためいかに職員にとって魅力とメリットがある職場であるかを作りマンパワーを維持できるかどうかが重要となってきます。しかし直接的に給料を上げるということは難しいです。そのため職場環境や福利厚生など待遇面の改善やストレスフリーの環境を作り人員確保と経営維持に努めるということが現実的といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です