介護の事務作業をシステム化することで作業効率アップ

介護の現場では、利用者のケアをはじめ介護記録や請求業務など、すべての業務をこなさなければなりません。

利用者のケアがメインであるため、事務作業はどうしても時間外に行うことになり、職員の負担は大きくなります。

この現場では、常に人手が不足していることから、その業務負担は大きく職員の定着率を低くすることにつながるため、さらなる人材不足を引き起こしてしまうのです。

最近では、事務作業が徐々にシステム化していて、このような負担を軽減している施設も増えています。

介護のシステムは、ケア記録をデータ化することにより請求業務に連動、
また一つの事業所で実施したサービス情報や記録・計画などが、各事業所間での連動も可能なため、重複など仕事の無駄を省くことができます。

時間的にも短縮され、それぞれの事業所でも仕事の効率化を図ることができます。

事務仕事がなくても、体力的にも精神的にも厳しい介護の現場、毎日のように残業で事務処理を行っていては、身体が持たないのは当然です。

心身どちらが疲れてしまっても、利用者に適切な介護や介助をすること、コミュニケーションをとることさえ難しくなります。

そのようなことになる前に、職員の負担を軽減できるようなシステムを取り入れることはたいへん有意義なものです。誰にでも使いやすいため、入力が苦手な方でも覚えることは難しくはありません。

導入することによって、少ない人材をこれ以上減らすことなく、負担を軽くすることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です